◆取扱作家  ◆会社案内   ◆アクセス   お問合せ info@matsuzawa-art.jp
                               

◆日 本 画
◆洋   画
◆版   画
◆彫   刻
◆近 工 芸
◆買取り品目
買取り強化中
◆銅像・胸像・モニュメント
    ◆納入実績
  ◆匠の技
  ◆社寺建築用金具


 


  

 富山県高岡市二塚445-5
(TEL)0766-21-0366
(FAX)0766-21-0941
e-mail : info@matsuzawa-art.jp
 


          河井寛次郎(人間国宝)
  
花扁壷 青瓷鱔血文
売却済
 
 
  
売却済
     
     
     

河井寛次郎(かわいかんじろう)の略歴    

    

明治23年(1890) 島根県安来町(現安来市)の大工の家に、父河井大三郎、母ユキの次男として生まれる。
明治43年(1910) 東京高等工業学校窯業科入学。板谷波山に師事。
大正3年(1914) 東京高等工業学校窯業科卒業。京都市立陶磁器試験所入所。
大正5年(1916) 同試験所に浜田庄司が入所。
浜田と共に1万種以上の釉薬の研究、中国陶磁など過去の陶磁の模倣や研究を行う。
大正6年(1917) 京都市立陶磁器試験所を辞め、五代清水六兵衛の顧問となる。
大正9年(1920) 京都五条坂の窯を譲り受け「鐘渓窯」と名づける。
宮大工の娘つねと結婚。
大正13年(1924) 浜田庄司を介し柳宗悦と交流。
大正15年(1926) 柳宗悦、浜田庄司と「日本民芸美術館」を設立。
昭和2年(1927) 柳宗悦、富本憲吉、浜田庄司、バーナード・リーチ、黒田辰秋と「上賀茂民芸協団」を創立。
昭和11年(1936) 東京駒場に「日本民芸館」開館。
昭和12年(1937) 「鉄辰砂草花図壷」がパリ万国博覧会グランプリ受賞。
「土と炎の詩人」と呼ばれる。
昭和22年(1947) 自作の詩「火の誓い」を棟方志功の板画で制作。
随筆「いのちの窓」の陶板を完成させる。
昭和32年(1957) 「白地草花絵扁壷」ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリ受賞。
昭和36年(1961) 富本憲吉、バーナード・リーチ、浜田庄司、河井寛次郎の作品常設用に陶器館を開設。
昭和41年(1966) 11月18日、逝去。67歳。


文化勲章辞退。人間国宝、芸術院会員も同様に辞退。

  

河井寛次郎の作品を高価買取いたします
無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

0766-21-0366   info@matsuzawa-art.jp